目頭切開は名医にお任せ|仕上がりを左右する重要なポイント

女性

ニキビ治療の違い

女医

顔のニキビをコンプレックスに感じている人は多いのではないでしょうか。ニキビはきちんと治療しないと跡が残ってしまうので、大阪の皮膚科できちんと治すことが大切です。大阪の皮膚科での治療は、飲み薬で治療する「内服治療」と、塗り薬で治していく「外用薬治療」がほとんどです。しかし、大阪には皮膚科だけではなく美容皮膚科もあります。皮膚科と美容皮膚科がどう違うのかというと、治療内容と治療費です。大阪の美容皮膚科でのニキビ治療は飲み薬や塗り薬での治療はもちろん、レーザーや注射による治療も選ぶことができます。そのため、自分に合った効果的な治療法を選ぶことができると言えます。治療費については皮膚科のほうが保険適用内での治療になるため比較的安い費用で治療を受けられます。しかし、美容皮膚科での治療は保険が適用される場合もありますが、ほとんどが保険適用外の治療になるため全額自己負担となります。しかし、美容皮膚科でのニキビ治療はニキビを治すだけでなく、ニキビが再発しないように予防するという目的もあります。治療費を抑えたいということであれば皮膚科での治療が良いかもしれませんが、一時的には治せてもまたすぐにニキビができてしまったり、皮膚科では治療が難しいニキビもあるので、その場合は美容皮膚科での治療が効果的です。美容皮膚科では肌を美しく保つことを目的として治療していくので、ニキビのできにくい肌を作るための効果的な治療を受けることができるという点も美容皮膚科のメリットと言えるでしょう。